たまゆら

作品名「玉響(たまゆら)」アクリルガッシュ
※中央の絵は別の板に描いてあり、少し浮いています。


さて、ただいま参加中の、
「額までおいしい!こころの空間展」も10日までとなっております♪
 
展示をしていただいている蓼科のギャラリー忘我亭さんのfacebookページでも
私の作品を紹介していただいております☆
こちらはfacebookのアカウントをお持ちでなくとも見れますので
ぜひごらんになってくださいね。
(次へをクリックしていきますとほかの作家様の作品もごらんになれます♪)
 
 
もしfacebookされていて、作品を良いと思っていただけたら
いいね!してくださると、励みになりますのでよろしくお願いいたします^^
私はfacebookではMakura Mizumotoの名前で登録していますので
そちらもお気軽にフォローor友達申請していただけたらと思います。
(ただし友達申請の場合、ご自分のページになにも投稿がなかったり、
自己紹介部分がなにも記載されていない方はお受けできない場合が
ありますのでご了承ください。)

この展示では額を自由に捉えてよいということで、
私は加工というより額に意味合いを持たせました。
額は限られたとき、人生ととらえました。

もともと子供のころから草原が好きなのですが、最近知る機会の
あった古事記の中に天地が生まれ、最初に地から出現したのが葦といわれていて、
そのことから葦は生命のはじまりと考えられる説もあるというのを知り
それが自分が草原が好きな部分になんとなくしっくりとくるものがあり、
生きとし生けるものや人の象徴として背景に草原を描きました。
(葦ではないんですけどね^^;)

たまゆらは「あるかないか」「はかない」といった意味合いで使われますが
もともとは翡翠や瑠璃、真珠などの美しい宝玉が触れ合って
かすかな音をたてる様子がもとになっているそうです。
そこからそれはまるで人の鼓動や、人との関わりや見詰め合う刹那に
重なる部分があり、人生の美しさ、味わいもそこにあるものと感じ
このタイトルとしました。
 
正直、作品の説明というのはとても無粋な気もし、見てくださる方の
自由な発想を奪ってしまうので好きではないのですが、この作品に関しては
説明しても良いのかもしれない…と感じたのでご紹介しました。
 
これは本人にとってしか特別ではないことですが、この作品を作るにあたって
古事記にであったり、たまゆらという言葉を知る機会があったり、
作品を物語るような音楽に出会ったりと導かれるようだったので
とても印象に残る作品となりました。

▼更新情報

08.25 ANALOGに作品追加
06.17 ANALOGに作品追加

04.28 ブログをLINK内にある

アメーバブログに移転しました。

03.13 ブログ更新しました。
03.05 ブログ更新しました。
01.28 ブログ更新しました。
01.16 ブログ更新しました。
01.02 
ブログを更新しました。

 

▼Instagram